外食上場企業ランキング 2016

独自に集計・分析!(2017年5月作成)

下記の前提条件のもとに収集整理しています。サンプリング条件の設定や集計方法の違いから、他の類似のランキングとは結果が同一とならないと思われます。


(注1)対象は、2017年4月1日時点における上場企業(TOKYO PRO Market除く)で当該企業における外食事業売上比率(連結決算がある企業は連結ベース)が51%以上を目安に抽出した。「外食」とは、消費者からみて「家の外で調理された料理・飲物を家の外で飲食する」ことをいい、ここでは、給食事業・遊興飲食業および料理品小売業(中食)を除いた「最狭義の外食」(フードビジネス総合研究所による定義)をその範囲とする。また、これら前提をベースに企業の規模や事業内容等を総合的に勘案し、対象とするか否かを判断する場合もある(例えば、上場企業である株式会社ダスキンは外食事業比率が51%に満たないがその売上規模は400億円以上あるため、同社外食事業部門の売上高及び売上高伸び率のみ対象とした)。なお「デニーズ」等のセブン&アイ・フードシステムズは、それ自体は非上場企業であり、上場しているのはあくまで親会社のセブン&アイ・ホールディングスであるため、対象外。


(注2) 2016年4月期から2017年3月期の本決算を対象とした。但し、チムニーは当期が15ヶ月の変則決算のため同第4四半期の数値を、壱番屋は直近の2017年2月期決算が9ヶ月の変則決算のため2016年5月期の数値を採用した。



外食上場企業ランキング 2016 対象企業(五十音順)

アークランドサービスホールディングス/アトム/あみやき亭/安楽亭/壱番屋/一六堂/イートアンド/うかい/梅の花/ヴィア・ホールディングス/SFPダイニング/エスエルディー/エー・ピーカンパニー/王将フードサービス/大戸屋ホールディングス/海帆/カッパ・クリエイト/カルラ/かんなん丸/関門海/木曽路/きちり/銀座ルノアール/(※)串カツ田中/くらコーポレーション/クリエイト・レストランツホールディングス/グルメ杵屋/グローバルダイニング/元気寿司/幸楽苑ホールディングス/ココスジャパン/(※)コメダホールディングス/コロワイド/サイゼリヤ/サガミチェーン/サトレストランシステムズ/サンマルクホールディングス/三光マーケティングフーズ/JBイレブン/ジェイグループホールディングス/ジー・テイスト/ジョイフル/ジョリーパスタ/すかいらーく/(※)スシローグローバルホールディングス/精養軒/ゼットン/ゼネラル・オイスター/ゼンショーホールディングス/大庄/ダイナック/ダイヤモンドダイニング/ダスキンフードグループ/WDI/(※)力の源ホールディングス/チムニー/銚子丸/テンアライド/東京一番フーズ/東天紅/東和フードサービス/ドトール・日レスホールディングス/鳥貴族/トリドールホールディングス/日本KFC ホールディングス/日本マクドナルドホールディングス/ハイデイ日高/ハチバン/ハブ/バルニバービ/B-Rサーティワンアイスクリーム/ひらまつ/フジオフードシステム/フジタコーポレーション/フライングガーデン/フレンドリー/ブロンコビリー/ペッパーフードサービス/ホットランド/ホリイフードサービス/松屋フーズ/マルシェ/丸千代山岡家/モスフードサービス/物語コーポレーション/ヨシックス/吉野家ホールディングス/ライフフーズ/リンガーハット/ロイヤルホールディングス/ワイエスフード/ワイズテーブルコーポレーション/ワタミ(全93社)(株)は省略。商号は2017年4月時点。(※)は2016年度新規上場。


■外食上場企業 売上高ランキング(2016年度)

外食上場企業 売上高ランキングベスト10(2016年度)

(注)単位:%。カッコ内の数字は、2015年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【速報コメント】


2016年度・外食上場企業 売上高ランキング(ベスト10)は、上表のとおりとなった。

1位はFF牛丼「すき家」を主軸に、「ココス」「ビッグボーイ」等のFR(ファミリーレストラン)・FF(回転寿司)「はま寿司」等の他、小売事業も展開するゼンショーホールディングスである。10年度に日本マクドナルドホールディングスを抜いて1位の座に着いて以来その地位を失っておらず、当期の連結売上高は5千億円台半ばに到達(5,440億28百万円)、2位(すかいらーく)と2千億円近い差をつけている。2位のすかいらーくは「ガスト」を主軸に「バーミヤン」「ジョナサン」「夢庵」等のFR(ファミリーレストラン)や近年出店に注力するビュッフェ業態「しゃぶ葉」の他、コントラクトフードサービスやスイーツ惣菜小売「フロプレステージュ」等を展開(3,545億13百万円)、3位は「甘太郎」等の居酒屋業態の他「牛角」のレインズインターナショナルや「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトに加え当期は「フレッシュネスバーガー」をグループ化、展開業態の多様化・総合化を図るコロワイド(2,344億44百万円)、4位は業績回復に向かう日本マクドナルドホールディングス(2,266億46百万円)、5位は創業ブランド「吉野家」の他、セルフうどん「はなまるうどん」・持ち帰り寿司「京樽」・FR洋風「ステーキのどん」等を展開する吉野家ホールディングス(1,886億23百万円)であり、ここまでの順位は15年度から変動がない。

6位には新規(再)上場したスシローグローバルホールディングスが1,477億2百万円で新たにランクインした(17年3月30日上場)。また、これまでベストテン常連であったワタミ(13年度まで5年度連続で4位)が8位から13位へとランクダウンした。
なお11位から20位までは下記のとおり((株)は省略。順位右・括弧内数値は前年度順位。企業名右の*は連結決算)。

11(11) クリエイト・レストランツ・ホールディングス(*)113,525百万円
12(12)トリドールホールディングス(*)101,779百万円
13(8)ワタミ(*)100,312百万円
14(14)松屋フーズ(*)89,039百万円
15(13)日本KFCホールディングス(*)88,032百万円
16(15)カッパ・クリエイト(*)79,422百万円
17(16)王将フードサービス 75,078百万円
18 (17)モスフードサービス(*)70,929百万円
19 (18)大庄(*) 68,537百万円
20 (19)サンマルクホールディングス(*)67,512百万円

(~21位から93位までの全ランキングについては、『外食上場企業総覧2017』に掲載予定です。)

■外食上場企業 事業セグメント・カテゴリー売上高ベスト10(2016年度)





近日公開予定




■外食上場企業 売上高伸び率ランキング(2016年度)

外食上場企業 売上高伸び率ランキングベスト10(2016年度)

(注)単位:%。カッコ内の数字は、2015年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件



【速報コメント】


弊社(フードビジネス総合研究所)調べ・2016年度 外食上場企業 売上高伸び率ランキング(ベスト10)は、上表のとおりとなった。前年度に引き続きランクインしたのは4社、ベスト10圏外からのランクインが3社、16年度新規上場が2社、その他(前年度より連結決算開始)が1社である。また、参考まで、当年度より連結決算開始のため対象外となったが、単独ベースで高数値を出した企業も載せた。


1位は、58.2%増と前年度から1.6倍近い売上規模となった、16年度新規上場の串カツ田中である。串カツ居酒屋「串カツ田中」ワンブランドを関東圏中心に展開、今月(17年5月)に150店舗を達成、長期定量目標として全国1千店舗を掲げている。2位はこちらも単一業態・ワンブランドで専門居酒屋を展開する企業で、鳥貴族が31.3%増でランクインした。当期は関東圏中心の新規出店進め店舗数を上積みし(純増78)、既存店売上高も対前年107.6%と好調であった。3位は27.5%伸ばしたバルニバービである(前年度17位から初ランクイン)。「アマーク・ド・パラディ」「カフェ ガーブ」等のレストラン・カフェやスイーツ業態の他、「アスリート食堂事業」(「鹿屋アスリート食堂」等)を行う。17年度(17年7月期)は売上高100億超えを見込む。次いで、業績低迷が底を打ち増収に転じた日本マクドナルドホールディングスが4位となった。14年の中国製チキン問題・異物混入問題発覚以降、大幅減収・赤字計上に陥っていたが、当期は19.6%増収とし黒字化にも成功した。5位は「生販直結」を掲げ「塚田農場」等の居酒屋中心に展開するエー・ピーカンパニーである(18.9%増)。12年度の新規上場時に36.9%増でランキング1位となって以降、30~20%台の高い伸び率を維持してきたが、ここ2年度は10%台となっている。


以下、6位が「焼肉きんぐ」「丸源ラーメン」等多業態の物語コーポレーション(15.9%増)(前期は連結決算開始のため順位なし)、7位は居酒屋「や台ずし」等のヨシックス(15.8%増)、8位はFR(ファミリーレストラン)「ステーキハウス ブロン コビリー」を単一業態ワンブランドで展開するブロンコビリー(13.1%)、9位はFF(ファストフード)和風(とんかつ)「かつや」等のアークランドサービスホールディングス(11.2%増)で、これら企業は当売上高伸び率ランキングの上位常連となっている。10位は16年度新規上場、フルサービス型喫茶業態の先駆け的存在、「コメダ珈琲店」のコメダホールディングスで、10.7%伸ばしている。


なお、当年度のランキングは対象外となったが(参考)として、「いきなり!ステーキ」「ペッパーランチ」等のペッパーフードサービスを挙げておく(当ランキングでは上記注釈のとおり連結決算のある企業は連結決算を対象とする。そのため、対象年度より連結決算開始の場合は前年の比較数値がなく、その年度のランキングは対象外となる)。同社の単独ベースでの対前年伸び率は37.9%である。「いきなり!ステーキ」(期中に100店舗達成)と海外「ペッパーランチ」(期末270店舗到達)中心に123の新規出店を実施、既存店売上高も対前年109.6%(ペッパーランチ事業)と好調であった。去る17年2月には「いきなり!ステーキ」での海外進出(米国ニューヨーク)を果たした。


一方、売上高伸び率のワースト(減収率の大きい企業)は、△21.7%のワタミ、次いで△11.3%のホリイフードサービス(居酒屋「忍家」等を北関東中心に展開)、△9.6%のマルシェ(「八剣伝」を主軸に居酒屋展開)と、居酒屋業態の企業が並んだ。先にみたようにランキング上位企業も居酒屋企業が占めており(1位:串カツ田中、2位:鳥貴族)、同一業態で結果が二極化している。


(~2016年度 外食上場企業・売上高伸び率の全ランキング(1位から90位)は、『外食上場企業総覧2017』の巻末資料編に掲載予定です。)


■外食上場企業 事業セグメント・カテゴリー売上高伸び率ベスト10(2016年度)





近日公開予定