フードビジネス出来事・アーカイブス

外食業界の動向・ニュースの書庫

2019年2月

米国の「いきなり!ステーキ」事業縮小へ、「くら寿司」や「大戸屋ごはん処」で従業員悪ふざけ行為、「スターバックスコーヒー」で値上げ、「くら寿司」でハンバーガー販売、など。

【事業再編】
サントリーグループ外食企業のダイナックホールディングス、「鳥どり」「パパミラノ」等のレストラン・バー直営事業と、ゴルフ場レストラン等の受託運営事業とを分割。子会社・ダイナックの受託運営事業を分割し新設子会社ダイナックパートナーズに承継。4月1日効力発生。(2019.02.01)

【価格改定】
スターバックスコーヒージャパン、定番ビバレッジ商品を値上げ。2011年以降据え置いてきたが、10円から20円引き上げる。2月15日より。期間限定ビバレッジやフード、グッズ等は据え置く。(2019.02.08)

【従業員不適切行為】
くらコーポレーション「無添くら寿司」でアルバイト従業員による不適切行為動画投稿。同社は当該従業員を退職処分にしたと同時に刑事・民事での法的措置を準備中と発表。「顧客株主等に対し上場企業としての責任果たし、全従業員の信頼回復」、「全国で多発する同様の行為に対し当社が一石投じ、再発防止につなげる」として断固たる対応。(2019.02.08)

【決算】
日本マクドナルドHD、が決算(18年12月期)。連結売上高は7.3%増の2,722億57百万円、3期連続増収。経常利益額は30.1%増の256億44百万円、純利益は僅かに減少(△8.7%の219億39百万円)。新規出店は21にとどめ店舗数はほぼ横ばい(1店舗増の2,899店舗)も、401店舗で改装するなどして既存店売上高が+6.9%と好調。システムワイドセールス(FC店含む店頭売上高)は5期ぶり5千億円台に到達(5,242億3百万円)、今期はこれまでのピーク(10年12月期の5,427億)を上回る5,510億円目指す。(2019.02.13)

【決算】
すかいらーくHDが決算発表(18年12月期・IFRS国際会計基準)。増収減益。売上収益は前年比1.9%の微増で3,663億6千万円、6期連続増収。「しゃぶ葉」「から好し」中心に89店舗を新規出店、期末店舗数は56純増。「夢庵」のシニア対応・個室化等リモデルを250店舗で実施。デリバリーが14.9%伸びるなどした。既存店売上高は+0.4%と堅調。営業・税引前等各フェーズの利益額はいずれも減少(△18~△26%)。人件費の高騰等があった。19年12月期は売上高につき+1%の安定成長と各利益額は△3%台の減益見込む。(2019.02.15)

【事業縮小】
ペッパーフードサービス、米国の「いきなり!ステーキ」大幅縮小へ。11店舗のうち、7店舗を閉鎖・2店舗を「ペッパーランチ」に転換、2店舗のみの営業にする。18年12月期決算は75.3%の大幅増収(連結売上高635億円)も、当該店舗閉鎖に伴う特別損失計上で純損益は△1億2千円と赤字に。一方、国内「いきなり!ステーキ」は210店舗の新規出店を予定。19年12月期連結売上高は47.3%増の935億円を見込む。(2019.02.15)

【価格改定】
壱番屋「カレーハウスCoCo壱番屋」で値上げ。主力商品のポークカレーで税込21円アップ。各種コスト高騰に対応。全店舗の約8割で実施、東京都下や埼玉県等一部エリアの店舗は据え置き。3月1日より。同チェーンでは16年12月から一年かけ全店舗で値上げを行っている。(2019.02.15)

【海外展開】
居酒屋「はなの舞」等のチムニー、ネパールに現地子会社設立。首都カトマンズ。「花の舞」出店のほか学校を運営しネパール人材採用強化につなげる目的。4月中の設立を予定。「グローバル人材確保の一環として」去る2月1日にはベトナム・ハノイに「花の舞」を出店している。(2019.02.15)

【従業員不適切行為】
大戸屋ホールディングス「大戸屋ごはん処」でも従業員による不適切行為が発覚。大阪府内店舗のアルバイト従業員が、勤務中に悪ふざけした動画をSNSに投稿、顧客からの指摘で発覚。大戸屋HDでは当従業員を退職処分とし法的措置を検討中。(2019.02.18)

【店舗休業】
DR「木曽路」等運営の木曽路、店舗一斉休業を実施。5月の連休明け、7日(火)・8日(水)の2日間。働き方改革の一環。顧客へのサービス向上、従業員採用・定着にもつなげる。(2019.02.19)

【経営者】
北海道地盤に「ミスタードーナツ」加盟店等を展開のフジタコーポレーション、代表取締役異動。資本業務提携先で筆頭株主であるJFLAホールディングス(旧商号アスラポート・ダイニング)から派遣の遠藤大輔取締役が代表取締役社長に。藤田博章氏は代表権のない取締役会長となる。3月1日付。(2019.02.19)

【経営者】
日本マクドナルドホールディングス事業子会社の日本マクドナルド、代表取締役異動。サラL.カサノバ氏は会長に(代表権あり)。代表取締役社長兼CEOには日色保氏。ホールディングス(HD)の取締役にも就く。ジョソン・エンド・ジョンソン代表取締役社長を務めた後昨年9月に日本マクドナルド上席執行役員CSO。HDの代表取締役は異動なし(カサノバ氏が代表取締役社長CEO)。3月27日の株主総会を経て。(2019.02.21)

【M&A】
「まいどおおきに食堂」等のフジオフードシステム、沖縄のステーキレストランを取得。沖縄本島で「SAM’S(サムズ)」8店舗運営するグレートイースタンの全株式取得し完全子会社とする。グレートイースタンの18年3月期売上高は約19億円・純利益約6千万円。取得価額は約27億円、4月3日譲受予定。(2019.02.22)

【新商品】
くらコーポレーション、「無添くら寿司」でハンバーガーを販売。3月1日より。フィッシュバーガーとミートバーガーの2種、250円。フィッシュバーガーのパティは寿司ネタに使えない魚や部位を有効活用、「魚100%プロジェクト」の一環。2月25日から3月3日まで、渋谷に限定店舗を開き先行販売する。(2019.02.25)

【食の安全安心】
すかいらーくホールディングス子会社・トマトアンドアソシエイツ「じゅうじゅうカルビ」でO157による食中毒事故。2月8日から同月12日までの来店客に症状。事態を受け25日より同チェーン全店舗の営業を自粛・一時閉店とする。(2019.02.25)


2019年1月 ← 2019年2月 → 2019年3月