外食上場企業ランキング 2014

独自に集計・分析!(2015年5月作成)

下記の前提条件のもとに収集整理しています。サンプリング条件の設定や集計方法の違いから、他の類似のランキングとは結果が同一とならないと思われます。


(注1)対象は、2015年4月1日時点における上場企業(TOKYO PRO Market除く)で当該企業における外食事業売上比率(連結決算がある企業は連結ベース)が51%以上を目安に抽出した。「外食」とは、消費者からみて「家の外で調理された料理・飲物を家の外で飲食する」ことをいい、ここでは、給食事業・遊興飲食業および料理品小売業(中食)を除いた「最狭義の外食」(フードビジネス総合研究所による定義)をその範囲とする。また、これら前提をベースに企業の規模や事業内容等を総合的に勘案し、対象とするか否かを判断する場合もある(例えば、上場企業である株式会社ダスキンは外食事業比率が51%に満たないがその売上規模は500億近くあるため、同社外食事業部門の売上高及び売上高伸び率のみ対象とした)。なお「デニーズ」等のセブン&アイ・フードシステムズは、それ自体は非上場企業であり、上場しているのはあくまで親会社のセブン&アイ・ホールディングスであるため、対象外。


(注2) 2014年4月から2015年3月の決算を対象とした。



外食上場企業ランキング 2014 対象企業(五十音順)

アークランドサービス/アスラポート・ダイニング/アトム/あみやき亭/安楽亭/壱番屋/一六堂/イートアンド/うかい/梅の花/ヴィア・ホールディングス/(※)SFPダイニング/(※)エスエルディー/エー・ピーカンパニー/王将フードサービス/大戸屋HD/カッパ・クリエイトHD/カルラ/かんなん丸/関門海/木曽路/きちり/銀座ルノアール/くらコーポレーション/クリエイト・レストランツHD/グルメ杵屋/グローバルダイニング/元気寿司/幸楽苑/ココスジャパン/コロワイド/サイゼリヤ/サガミチェーン/サトレストランシステムズ/サンマルクHD/三光マーケティングフーズ/JBイレブン/ジェイグループHD/ジー・テイスト/ジョイフル/ジョリーパスタ/(※)すかいらーく/精養軒/ゼットン/ゼンショーHD/大庄/ダイナック/ダイヤモンドダイニング/ダスキンフードグループ(売上高のみ)/WDI/チムニー/銚子丸/テンアライド/東京一番フーズ/東天紅/東和フードサービス/ドトール・日レスHD/(※)鳥貴族/トリドール/日本KFC HD/日本マクドナルドHD/ハイデイ日高/ハチバン/ハブ/B-Rサーティワンアイスクリーム/(※)ヒューマンウェブ/ひらまつ/フジオフードシステム/フジタコーポレーション/フライングガーデン/フレンドリー/ブロンコビリー/ペッパーフードサービス/(※)ホットランド/ホリイフードサービス/松屋フーズ/マルシェ/丸千代山岡家/モスフードサービス/物語コーポレーション/(※)ヨシックス/吉野家HD/ライフフーズ/リンガーハット/ロイヤルHD/ワイエスフード/ワイズテーブルコーポレーション/ワタミ(全88社)(株)は省略、HDはホールディングスの略。(※)は2014年度新規上場。


■外食上場企業 売上高ランキング(2014年度)

外食上場企業 売上高ベスト10(2014年度)

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2013年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


2014年度の外食上場企業売上高ランキングは、前年度と違い一部に動きがみられた。


まずランキングの対象企業自体に動きがあり、上位企業では株式会社 すかいらーくが再上場、一方でスターバックスコーヒージャパン(株)(前年度6位)は上場廃止で対象外となった。


その他、昨今のIPO市場活発化は外食産業も例外ではなく、14年度においては「築地銀だこ」「コールド・ストーン・クリーマリー」等の(株)ホットランド、居酒屋「鳥良」「磯丸水産」等のSFPダイニング 株式会社、焼鳥居酒屋「鳥貴族」の株式会社 鳥貴族、「居酒屋「ニパチ」「や台ずし」等の株式会社 ヨシックス、「ガンボ&オイスターバー」等の株式会社 ヒューマンウェブ、「kawara CAFE&DINING」等の株式会社 エスエルディーが外食上場企業の仲間入りを果たしており、今回、これら新規上場の企業を含めた88社でのランキングとなる(居酒屋「なつかし処 昭和食堂」等の株式会社 海帆(かいはん)も4月17日に上場しましたが、年度明けの上場のため今回は対象外)。


さて、再上場を果たしたすかいらーくであるが、3,400億円でゼンショーHDに次ぐ2位にランクインしている(なお上場廃止前・06年度のランキングでは3,968億13百万円で1位であった)。


日本マクドナルドHDは周知のとおり大きく売上を落とし2,223億となるも4位・吉野家HDとの差は400億以上あり3位に位置している(但し2015年度はベスト3に変動が予測される。後述。)
なおベスト10企業で減収を記録したのはマクドナルドとワタミの2社のみである。


4位のコロワイドが期中に行ったカッパ・クリエイトHDのM&Aは驚愕の出来事であった。当期は4Qだけの連結となるがそれでも19.6%増収の1,775億とし、順位自体には変動がなかったがワタミの売上を抜いた。
なお15年度はコロワイドがカッパのフル連結(通期でカッパの売上高が連結売上に算入)により、減収予測のマクドナルドを抜き3位に浮上することが見込まれる。


そのカッパ・クリエイトHD(コロワイド傘下入りに伴いカッパ・クリエイトに商号再変更予定)であるが、親会社コロワイドに合わせ決算期変更、13ヶ月の変則決算での数値でも前年度の売上に及ばず876億43百万円で11位とベスト10圏外へ。替わって10位となったのは、奇しくも同業態「無添くら寿司」のくらコーポレーションである。コロワイドでは「かっぱ寿司」の店舗デザイン・メニュー面の刷新等、再生を進めている。


なお、各社通期業績予想をもとにした「2015年度の売上高ランキング予想」(5位まで)は以下の通り。勿論これは執筆時点(2015年5月)での予想値であり、数値はその後の状況により修正されていくこととなる。
(見方は上の14年度ランキングと同じ)


1位(1):(株)ゼンショーHD(*)5,467億25百万円(6.8%増)、2位(2):(株)すかいらーく(*)3,495億円(2.8%増)、3位(5):(株)コロワイド(*)2,488億17百万円(40.1%増)、4位(3):日本マクドナルドHD(株)(*)2,000億円(△10.0%)、 5位(4):(株)吉野家HD(*)1,850億円(2.8%増)。


(全88社の売上高ランキングは、「外食上場企業総覧2015」巻末に掲載しています。)


■外食上場企業 事業セグメント・カテゴリー売上高ベスト10(2014年度)

外食上場企業 事業セグメント売上高ベスト10(2014年度)

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2013年度の順位。(※)カッパ・クリエイトホールディングスは13ヶ月決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


当「外食上場企業ランキング」は、文字通り「企業」単位でのランキングである(売上高に占める外食事業割合が51%以上の上場企業を対象)。
外食を主たる事業とする企業群での業績比較であり、何の問題もないしこれまでもそれをベースに行ってきたが、昨年度より新しい試みとして、より詳細な「事業セグメント別ランキング」を併せて実施している。 例えば、(株)ゼンショーホールディングスは「牛丼カテゴリー」(すき家、なか卯)、「レストランカテゴリー」(ココス、ビッグボーイ等)、「ファストフードカテゴリー」(はま寿司、久兵衛屋等)に分けてのランキングとなるし、(株)サイゼリヤは「日本と「アジア」が別々になるし、(株)日本KFCホールディングスであれば非外食部門(「ピザハット事業」)は除外し「KFC事業」・「その他事業(ピザハット・ナチュラル」)の外食2部門を、(株)ダイナックはコントラクト事業部門等を除き「レストラン・バー」事業のみを対象としたランキングができるのである。


こうして上場88企業を細かく再検証した結果、その(事業セグメントの)数は「121」となった。
なお、「セグメンテーションの仕方」はあくまで各企業の意思で実施されているものであるため、「この企業のこの部門はもう少し細かく分割できないか」ということには応えられないケースもある。
また逆に、弊社判断によりいくつかの事業セグメントを一括りにし合算した場合がある。なお単一業態や単一ブランドでの展開企業の場合等は「セグメント情報」自体を開示していないため、ここでも「企業ベース(連結あるいは非連結)」単位でのランキングとなる場合がある。


さて、2014年度・外食上場企業「事業セグメント別売上高」ベスト10は上のとおりとなった。1位は(株)すかいらーく/レストラン事業(3,306億56百万円)である。前年度は非上場であったため、新規ランクインとなる。伴って前年度1位であった日本マクドナルドHD/連結が2位(2,223億19百万円)、同2位であった(株)ゼンショーHD/牛丼カテゴリーが3位(1,735億22百万円)、同3位であった(株)ゼンショーHD/レストランカテゴリーが4位(1,520億54百万円)に順位変動している。
5位は、「はま寿司」の積極出店継続させ既存店も増収であったこと、前述のとおりスターバックスコーヒージャパンが上場廃止でランクアウトしたことで、(株)ゼンショーHD/ファストフードカテゴリー(「はま寿司」、「久兵衛屋」等)が就いた(1,056億25百万円)。なお「はま寿司」は回転寿司業態「店舗数2位」となり(1月(月初)時点。前年は4位)、(株)はま寿司としての売上高も同4位から3位とランクアップしている。


以下、6位が(株)サイゼリヤ/日本(1,050億49百万円)、7位が(株)くらコーポレーション/連結(969億38百万円)、8位が(株)吉野家HD/吉野家(953億18百万円)、9位が(株)松屋フーズ/連結(811億4百万円)、10位がカッパ・クリエイトHD/回転寿司事業(13ヶ月決算の数値。810億49百万円)である。


なお、「セグメンテーションの仕方」は、企業が行ったものにせよ、それをもとに弊社が加工したものにせよ、いずれにしても大なり小なり「主観的なもの」であるし、「厳格な基準により統一」されているものではない。
つまり、どのようなセグメンテーションをするかによって、順位が変わってくる場合がある。そのため、企業別ランキングとは異なり、本ランキングはあくまで「参考」という扱いである


(全121セグメント・カテゴリーの売上高ランキングは、「外食上場企業総覧2015」巻末に掲載しています。)


■外食上場企業 売上高伸び率ランキング(2014年度)

外食上場企業 売上高伸び率ベスト10(2014年度)

(注)単位:%。カッコ内の数字は、2013年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


2014年度の外食上場企業売上高伸び率ランキング(ベスト10)は新たにランクインしたのが5社で、他5社は前年度から引き続きランクインしている。


新規ランクイン5社のうち3社が、14年度新規上場企業である(ホットランド、SFPダイニング、ヒューマンウェブ)。2位のホットランドはFF和風(たこやき)「築地銀だこ」を主軸に、FFアイスクリーム「コールド・ストーン・クリーマリー」等スイーツ・カフェ業態を展開、店舗数は国内557・海外31である(14年12月末時点)。14年度は国内73店舗の大幅純増、既存店売上前年比も105.8%(「築地銀だこ」直営)と好調で、33.0%の増収となった。4位のSFPダイニングは、創業ブランドである焼鳥居酒屋「鳥良」、近年急成長の浜焼き居酒屋「磯丸水産」を軸に展開。14年度は23店舗を純増、30.2%の増収であった。なお同社は13年よりクリエイト・レストランツ・HDの子会社であり、親子上場となっている。7位のヒューマンウェブはオイスターバー「ガンボ&オイスターバー」等の27店舗の直営展開に加え、牡蠣の卸売事業を行い、生産から販売までの六次産業を目指している。14年度は21.7%の増収であった。


他の新顔2社は、ペッパーフードサービスとサガミチェーンである。低迷の続いたペッパーフードサービスは12年度に増収に転じ、14年度は54.6%の大幅増収で88社中伸び率1位となった。主因は、メディアでも数多く取り上げられた新業態「いきなり!ステーキ」である。13年度末1店舗であったのが14年度末は30店舗へと急拡大を遂げた。また「炭焼ステーキくに」等の「レストラン事業」も57 %増収と好調であった。一方、基幹ブランドであった「ペッパーランチ」国内店舗数は減少傾向にある(2014年12月末時点で105店舗、前期末比8店舗純減。派生ブランド「92’s(クニズ)」や海外事業を含めた「ペッパーランチ事業」としては9%の増収)。


FR和風「サガミ」等のサガミチェーンであるが、前期に取得した味の民芸フードサービス(「味の民芸」等)がフル連結(前期末がみなし取得日)、これが主因で29.8%増収となった。非連結ベースだと増収は2.2%である。なお13年度はその前の期が決算期変更による変則決算であったため、伸び率ランキング対象外となっていたものである。


その他、多業態のクリエイト・レストランツ・HD(32.0%増・3位)、居酒屋「塚田農場」等のエー・ピーカンパニー(21.8%増・6位)、居酒屋「芋蔵」等多業態のジェイグループHD(19.7%増・8位)、「甘太郎」・「牛角」・「かっぱ寿司」等総合化を進めるコロワイド(19.6%増・9位)、「焼肉きんぐ」・「丸源ラーメン」等多業態の物語コーポレーション(18.9%増・10位)の5社が、前年度に続きベスト10入り、成長を継続させている。


(全88社の売上高伸び率ランキングは、「外食上場企業総覧2015」巻末に掲載しています。)


■外食上場企業 事業セグメント・カテゴリー売上高伸び率ベスト10(2014年度)

外食上場企業 事業セグメント売上高伸び率ベスト10(2014年度)

(注)単位:%。カッコ内の数字は、2013年度の順位。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


外食上場企業「事業セグメント別」にて、「売上高伸び率」についてもランキングを試みた(注意事項は「事業セグメント別売上高ランキング」のそれと同じである)。


上位10セグメント(社)を「増収の主たる要因」で大別すると、新規連結による規模拡大と、それ以外とがある。
前者は、M&Aで他社を傘下に収める方法、非連結であった子会社や関連会社を連結化する方法があり、特に伸び率が100%を超す(つまり売上高が2倍以上になる)ような大幅増収はこのケースが多い。14年度では、1位の(株)ハチバン/海外事業(181.6%増、非連結であったタイの食材輸出入子会社を連結化)、3位のあみやき亭/その他の事業(157.6%増、「すしまみれ」等の(株)アクトグループが新規連結)、4位のクリエイト・レストランツ・HD/専門店ブランドカテゴリー(87.0%増、「AW kitchen」等の(株)イートウォークがフル連結・(株)YUNARI等2社が新規連結)がそうである。
一方、後者は自社既存ブランドや新ブランドの新規出店や既存店売上増を主因とするもので、特に大きく増収となるケースは出店による店舗増を要因とする場合が多い。14年度の上位では4位の(株)トリドール/その他(99.7%増、主因は「丸亀製麺」等の海外大量出店)、6位の(株)物語コーポレーション/専門店部門(79.2%増、「ゆず庵」店舗増・既存店好調)、7位の(株)ペッパーフードサービス/レストラン事業(「炭焼ステーキくに」等。店舗増と既存店好調、57.1%増)、8位の日本KFCホールディングス(株)/その他事業(「ピザハット・ナチュラル」店舗増、40.7%増)、10位の(株)ゼットン/商業店舗開発事業(32.6%増、ビアガーデン出店・ハワイアン業態等店舗増)がそうである。
2位の(株)サイゼリヤ/アジアは上記それぞれを要因とする。海外子会社のうち、従来よりの連結2社も計50店舗増やすなど順調に増収(65%)。加えて、これまで非連結子会社として展開してきた4社を連結化したことで、セグメント全体で157%の伸びとなった。


なお、上記と同じ視点で11位以下をみてみると、「磯丸水産」等のSFPダイニング(株)/単独(30.2%増・11位)、「はま寿司」等の(株)ゼンショーHD/ファストフードカテゴリー(27.1%増・13位)、「塚田農場」等の(株)エー・ピーカンパニー/販売事業(22.8%増・15位)等が、新規連結以外を主因として売上高を大きく伸ばしている。
また、企業別売上高伸び率で1位となった(株)ペッパーフードサービスのうち、そのけん引役となった「いきなり!ステーキ事業」であるが、当期からの新設カテゴリーであるためここでは対象外となった。 ちなみに伸び率のワースト5は下位より(株)三光マーケティングフーズ/その他(「東京チカラめし」等、△31.8%)、続けて同社/東方見聞録・月の雫・黄金の蔵(合算)(△20.4%)、日本マクドナルドHD(株)/連結(△14.6%)、ワタミ(株)/国内外食事業(△13.9%)、(株)コロワイド/コロワイド東日本(△13.7%)となっている。


最後に、「事業セグメント別売上高」に記載したのと同様、本「セグメント別」ランキングはあくまで「参考」という扱いである。


(全121セグメント・カテゴリーの売上高伸び率ランキングは、「外食上場企業総覧2015」巻末に掲載しています。)


■外食上場企業 経常利益額ベスト10(2014年度)

外食上場企業 経常利益額ベスト10(2014年度)

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2013年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


2014年度の外食上場企業経常利益額ランキング(ベスト10)は上図のとおりである。 なお、すかいらーくとトリドールはIFRS・国際会計基準のため当ランキングは対象外となる。 また、前年度に1位であったスターバックスコーヒージャパンは上場廃止となったため、今年度より対象外となる(なお同社上場廃止前の通期業績予想では経常利益131億5千万円であり、この値は1位となったドトール・日レスHDを30億円以上も上回っている)。


ドトール・日レスHD、サンマルクHD、王将フードサービス、サイゼリヤ、くらコーポレーションの上位5社は前年度から継続してベスト10入りしている。 1位(前年度3位)のドトール・日レスHDは14.2%増益で経常利益を100億85百万円とした。 ドトールコーヒー、日本レストランシステムともに10%台の増益であった。2位のサンマルクHD(同7位)は7.8%増益で76億58百万円とし7位からランクアップ、王将フードサービス(同6位)は12%の減益であったが63億6千万円で3位にランクインした。王将FSの経常利益額はピーク時(09年度)には109億円あったがそこから5期連続で減益となっており、収益性が低下している。


新たにランクインしたのは5社ある。ロイヤルHD(13位→6位)、壱番屋(11位→7位)、ハイデイ日高(14位→9位)、吉野家HD(15位→10位)である。 一方で、ベスト10からランクアウトしたのは(上述のとおりスターバックスコーヒージャパンとトリドールは除く)、日本マクドナルドHD(102億36百万円の黒字であったのが△79億74百万円の赤字に陥る、2位→85位)、ゼンショーHD(約50億円の減益で28億75百万円、5位→15位)、コロワイド(約1億円の減益で37億91百万円、9位→11位)の3社である。


マクドナルドはピーク時に276億円・ゼンショーは同193億円の経常利益があったが(いずれも11年度)、マクドナルドは赤字に転落、ゼンショーは85%減少しており、大手2社の収益性は悪化している。


なお売上ベスト10で経常利益額ベスト10でない企業は(上述のとおりすかいらーくは除く)、ゼンショーHD、日本マクドナルドHD、コロワイドの上記3社のほか、ワタミである。ワタミは営業段階で20億円の赤字を計上(国内外食・海外外食いずれも赤字)、経常赤字は34億6百万円(マクドナルドに次ぐワースト2)となった


・経常損益額ワースト3は上述の日本マクドナルドHD、ワタミ、三光マーケティングフーズ(△21億2百万円)であった。85社のうち経常赤字企業の数は9社で、割合にして10.6%と前年度から2.1ポイント増加した。


(全88社の経常利益額ランキングは、「外食上場企業総覧2015」巻末に掲載しています。)