外食上場企業ランキング

独自に集計・分析!(2014年5月作成)

下記の前提条件のもとに収集整理しています。サンプリング条件の設定や集計方法の違いから、他の類似のランキングとは結果が同一とならないと思われます。


(注1) 対象は、2014年4月1日時点における上場企業(TOKYO PRO Market除く)で当該企業における外食事業売上比率(連結決算がある企業は連結ベース)が51%以上を目安に抽出した。また、ここでの「外食」とは、給食事業・遊興飲食業および料理品小売業(中食)を除く「最狭義の外食」をその範囲とする。また、これら前提をベースに企業の規模や事業内容等を総合的に勘案し、対象とするか否かを判断する場合もある(例えば、上場企業である株式会社ダスキンは外食事業比率が51%に満たないが、その売上規模は500億近くあるため同社外食事業部門の売上高及び売上高伸び率のみ対象とした)。なお、「デニーズ」等のセブン&アイ・フードシステムズは、それ自体は非上場企業であり、上場しているのはあくまで親会社のセブン&アイ・ホールディングスであるため、対象外。

(注2) 2013年4月から2014年3月の決算を対象とした。


外食上場企業ランキング 2013 対象企業(五十音順)

アークランドサービス/アスラポート・ダイニング/アトム/あみやき亭/安楽亭/壱番屋/一六堂/イートアンド/うかい/梅の花/ヴィア・ホールディングス/エー・ピーカンパニー/王将フードサービス/大戸屋HD/家族亭/カッパ・クリエイト/カルラ/かんなん丸/関門海/木曽路/きちり/銀座ルノアール/くらコーポレーション/クリエイト・レストランツHD/グルメ杵屋/グローバルダイニング/元気寿司/幸楽苑/ココスジャパン/コロワイド/サイゼリヤ/サガミチェーン/サトレストランシステムズ/サンマルクHD/三光マーケティングフーズ/JBイレブン/ジェイグループHD/ジー・テイスト/ジョイフル/ジョリーパスタ/スターバックスコーヒージャパン/精養軒/ゼットン/ゼンショーHD/大庄/ダイナック/ダイヤモンドダイニング/ダスキンフードグループ(※売上高のみ)/WDI/チムニー/銚子丸/テンアライド/東京一番フーズ/東天紅/東和フードサービス/ドトール・日レスHD/トリドール/日本KFC HD/日本マクドナルドHD/ハイデイ日高/ハチバン/ハブ/B-Rサーティワンアイスクリーム/ひらまつ/フジオフードシステム/フジタコーポレーション/フライングガーデン/フレンドリー/ブロンコビリー/ペッパーフードサービス/ホリイフードサービス/松屋フーズ/マルシェ/丸千代山岡家/モスフードサービス/物語コーポレーション/吉野家HD/ライフフーズ/リンガーハット/ロイヤルHD/ワイエスフード/ワイズテーブルコーポレーション/ワタミ(全83社)(株)は省略


■外食上場企業 売上高ランキング(2013年度)

外食上場企業 売上高ランキング(2013年度)

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2012年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・2013年度(2013年3月期~2014年3月期決算、上場外食全83社対象)の売上高ランキング(ベスト10)は、上のとおりとなった。上位10社の顔触れと順位は、前年度から変化はなかった(これは、2008年度以来のことである)。



・10社のうち、増収が8社、減収が2社(日本マクドナルドHDとカッパ・クリエイトHD)である。1位のゼンショーHDが12.2%増、2位の日本マクドナルドHDは11.6%減で、その差は昨年度よりさらに拡大した。ゼンショーHDは14年度(15年3月期)は5千億超えの5,379億円、日本マクドナルドHDは同(14年12月期)2,500億をぞれぞれ見込んでおり、倍以上の差が付くこととなる。なお、報道のとおりすかいらーくが再上場となれば、14年度ランキングは1位:ゼンショーHD、2位:すかいらーく、3位:日本マクドナルドHDとなることが予想される。



■外食上場企業 事業セグメント売上高ベスト10(2013年度)

外食上場企業 事業セグメント売上高ベスト10(2013年度)

(注)単位:百万円。企業名右の(※)はセグメント情報なしのため全社(連結または非連結)ベース。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・当「外食上場企業ランキング」は、文字通り、「企業」単位でのランキングである(売上高に占める外食事業割合が51%以上の上場企業を対象)。外食を主たる事業とする企業群での業績比較であり、何の問題もないしこれまでもそれをベースに行ってきたが、今年度より新しい試みとして、より詳細な事業部門単位を加味した「事業セグメント別ランキング」を導入、併せて実施することとした。例えば、(株)ゼンショーホールディングスは「牛丼カテゴリー」(すき家、なか卯)、「レストランカテゴリー」(ココス、ビッグボーイ等)、「ファストフードカテゴリー」(はま寿司、久兵衛屋等)に分けてのランキングとなるし、(株)サイゼリヤは「日本」と「中国」が別々になるし、(株)日本KFCホールディングスであれば非外食部門(「ピザハット事業」)は除外し「KFC事業」・「その他事業(ピザハット・ナチュラル」)の外食2部門を、(株)ダイナックはコントラクト事業部門等を除き「レストラン・バー」事業のみをみることができるのである。こうして上場83企業を細かく再検証した結果、その(事業セグメントの)数は「117」となった。なお、セグメンテーションの仕方はあくまで各企業の意思で実施されているものであるため、「この企業のこの部門はもう少し細かく分割できないか」ということには応えられないケースもある。また逆に、これは細かく分割しすぎであろう、と弊社が考えた場合、いくつかの事業セグメントを一括りにした場合がある。さらに、単一業態や単一ブランドでの展開企業の場合等は「セグメント情報」自体を開示していないため、ここでも「企業ベース(連結あるいは非連結)」単位でのランキングとなる場合がある。


・さて、「事業セグメント別売上高」ベスト10は上のとおりとなった。1位は日本マクドナルドHD(「マクドナルド」)である。ご存知のとおり、2010年度に外食上場企業(連結)売上首位をゼンショーHDに譲り、上述のとおりその売上高の差は一層開いているが、事業セグメントでみればこうした順位となる。一方、連結売上首位のゼンショーHDは、事業セグメントで3カテゴリーがベスト10に入っている。すなわち、牛丼カテゴリー(「すき家」、「なか卯」)が1,799億円で2位、レストランカテゴリー(「ココス」、「ビッグボーイ」、「ジョリーパスタ」、「華屋与兵衛」等)が1,492億円で3位、ファストフードカテゴリー(「はま寿司」、「久兵衛屋」等)が831億円で8位である。


・4位はスターバックスコーヒージャパン(「スターバックスコーヒー」)、5位はサイゼリヤ/日本(「サイゼリヤ」)、6位は吉野家HD/国内吉野家(「吉野家」)、7位はくらコーポレーション(「無添くら寿司」等)、9位はカッパ・クリエイトHD/回転寿司事業(「かっぱ寿司」)、10位は松屋フーズ(「松屋」等)である。回転寿司について触れると、上記「企業売上高ランキング」では依然、カッパ・クリエイトHDは10位、くらコーポレーションは11位(前年度13位)であるのだが、事業セグメントでみる(カッパ・クリエイトHDから「ベンダー事業」すなわちCVS向け寿司等製造販売事業を除外し回転寿司事業のみの売上高でみる)と、13年度において順位が逆転し、くらコーポレーションの方が上位に立つに至っている。8位:ゼンショーHD/ファストフードカテゴリーもカッパ・クリエイトHD「かっぱ寿司」より上位だが、これは上述のとおり「はま寿司」以外のブランドの売上も含んでいる。


・11位以降の全ランキングは、『外食上場企業総覧2014』に掲載しています。



■外食上場企業 売上高伸び率ランキング(2013年度)

外食上場企業 売上高伸び率ランキング(2013年度)

(注)単位:% カッコ内の数字は、2012年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・2013年度(2014年3月期決算まで)の外食上場企業売上高伸び率ランキングは、上図のとおりとなった。


・ベスト10は、1位:クリエイト・レストランツ・ホールディングス(多業態)41.3%増、2位:エー・ピーカンパニー(居酒屋「塚田農場」等)38.7%増、3位:アスラポート・ダイニング(居酒屋「とり鉄」等)28.4%増、4位:サトレストランシステムズ(FR和風「和食さと」等)27.1%増、5位:物語コーポレーション(FR焼肉「焼肉きんぐ」等)23.9%、6位:フジオフードシステム(FF定食「まいどおおきに食堂」等)17.5%増、7位:アークランドサービス(FF和風「かつや」等)17.1%増、8位:コロワイド(焼肉「牛角」等)15.6%、9位:WDI(カジュアルレストラン「カプリチョーザ」等)14.6%増、9位:ジェイグループホールディングス(居酒屋「芋蔵」等)14.6%増である。


・「売上高伸び率」上位企業は、その「主因」により3タイプに分類する事ができよう。一つめは、「M&Aによる大幅増収」、二つめは「業績回復による大幅増収」、そして三つめが「成長過程での大幅増収」である。


・2013年度の伸び率上位企業は、一つめの「M&A」による大幅増収が多く見られたのが特徴である。1位のクリエイト・レストランツ・HD、3位のアスラポート・ダイニング、4位のサトレストランシステムズ、8位のコロワイド、9位のジェイグループHDの5社がこれに該当する。クリエイト・レストランツ・HDは、13年4月、イートウォークグループ及び居酒屋「鳥良」等のSFPダイニングを子会社化している(これによる店舗増は108)。期末店舗数は381から133純増、514と一気に500店舗を超した。同社は三菱商事の資本引き揚げ後、従来の「マルチブランド・マルチロケーション」一本からの戦略転換を図っている模様。アスラポート・ダイニングは、非外食事業(乳製品加工メーカー)の連結化が増収要因。既存の外食事業のみでみると減収である(△4.7%)。サトレストランシステムズは7月に回転寿司「にぎり長次郎」等のフーズネットを子会社化した。単独ベース(「和食さと」「すし半」)は5.8%増収である。コロワイドは前年度途中に連結化した「牛角」等レインズインターナショナルが通年寄与した。連結売上高に占めるレインズのシェアは34.1%。ジェイグループHDは新規出店13と既存店堅調(100.3%)とあわせ、それまで持分法適用関連会社であったSARUを子会社化し10店舗増加したのも大きい。


・二つめの「業績回復」は、6位のフジオフードシステムと9位のWDIが該当する。フジオフードシステムの業績は10年度がボトムであったが、11年度から3期連続増収・12年度時点でV字回復達成、そこからの17.5%増である。既存店が回復傾向(12月時点で31ヶ月連続100%超)である上、新規出店55により店舗数が37純増した。リーマンショック後苦境に立たされたWDIも、12年度から増収に転じ2期連続2桁の伸び率で08年度の売上を上回るに至った。13年度は特に海外の売上が伸びた(増収額の82%が海外)。


・2位のエー・ピーカンパニー(前年度1位)は、実質的には2年度連続1位といえる。既存店が100.6%と堅調、店舗数36を上積みした。5位の物語コーポレーションは6年度連続のベスト10入りで、毎年着実に売上を伸ばしている。7位のアークランドサービスも当ランキング上位の常連で、13年度は既存店が104.0%と依然好調、「かつや」40店舗出店するなどし39店舗上積みした。


■外食上場企業 事業セグメント売上高伸び率ベスト10(2013年度)

外食上場企業 事業セグメント売上高伸び率ベスト10(2013年度)

(注)単位:% 企業名右の(※)はセグメント情報なしのため全社(連結または非連結)ベース。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・当「外食上場企業ランキング」は、文字通り、「企業」単位でのランキングである(売上高に占める外食事業割合が51%以上の上場企業を対象)。外食を主たる事業とする企業群での業績比較であり、何の問題もないしこれまでもそれをベースに行ってきたが、今年度より新しい試みとして、より詳細な事業部門単位を加味した「事業セグメント別ランキング」を導入、併せて実施することとした。例えば、(株)ゼンショーホールディングスは「牛丼カテゴリー」(すき家、なか卯)、「レストランカテゴリー」(ココス、ビッグボーイ等)、「ファストフードカテゴリー」(はま寿司、久兵衛屋等)に分けてのランキングとなるし、(株)サイゼリヤは「日本」と「中国」が別々になるし、(株)日本KFCホールディングスであれば非外食部門(「ピザハット事業」)は除外し「KFC事業」・「その他事業(ピザハット・ナチュラル」)の外食2部門を、(株)ダイナックはコントラクト事業部門等を除き「レストラン・バー」事業のみをみることができるのである。こうして上場83企業を細かく再検証した結果、その(事業セグメントの)数は「117」となった。なお、セグメンテーションの仕方はあくまで各企業の意思で実施されているものであるため、「この企業のこの部門はもう少し細かく分割できないか」という疑問には応えられないケースもある。また逆に、これは細かく分割しすぎであろう、と弊社が考えた場合、いくつかの事業セグメントを一括りにした場合がある。さらに、単一業態や単一ブランドでの展開企業の場合等は「セグメント情報」自体を開示していないため、ここでも「企業ベース(連結あるいは非連結)」単位でのランキングとなる場合がある。2013年度の事業セグメント別・売上高伸び率ランキング(ベスト10)は上のとおりとなった。


1位の「トリドール/その他(海外、国内その他ブランド」は、主に「丸亀製麺」その他の海外事業である。当期は海外積極攻勢(新規出店55)で海外店舗39が純増、伸び率は105.1%であった。ちなみに「トリドール/丸亀製麺(国内)」も9.6%の伸びを示している(27位)。(株)物語コーポレーションは、どのセグメントも高い伸びを示しているが、ベスト10には「専門店部門」(47.8%増、2位)と「焼肉部門」(28.2%増、8位)がランクインした。前者は、パイはまだ小さいが新業態「ゆず庵」の店舗数が増えたもの。後者はテーブルオーダーバイキング業態「焼肉きんぐ」が牽引した。3位、エー・ピーカンパニーの「販売事業」(41.6%増)とは、外食・中食事業(中食は1店舗のみ)のことである(その他に「生産流通事業」がある。こちらは当ランキング対象対外)。企業ベースでみたよりもこちらのほうが伸び率が高い。4位、三光マーケティングフーズの「その他」とは、「東方見聞録」等居酒屋主力3ブランド以外の店舗であり、主には「東京チカラめし」が占める。同社は6月期決算であり(物語コーポレーションも同じだが)、最も企業数が多い3月決算を直近として集計する以上、同社の対象決算はどうしてもやや古くなってしまう。この決算時点では「東京チカラめし」の急激出店の最中であった。5位はサイゼリヤの海外(中国)で39.7%増、6位も海外事業でこちらは「カプリチョーザ」等のWDI(37.0%増)、7位、ゼンショーHDの「ファストフードカテゴリー」とは主にはFF回転寿司「はま寿司」である(33.7%増)。9位のサトレストランシステムズはセグメント情報がないため企業ベースである。企業ランキングにも記したが回転寿司「にぎり長次郎」等・フーズネットの子会社化が大きく寄与した。10位は吉野家の海外事業で、26.2%増である。


このように、事業セグメント別ランキング(ベスト10)のうち「海外事業」が4つランクインしている。また、企業別・セグメント別の両方でベスト10入りしている企業は、エー・ピーカンパニー、サトレストランシステムズ、物語コーポレーション、WDIの4社である。


・11位以降の全ランキングは、『外食上場企業総覧2014』に掲載しています。


■外食上場企業 経常利益率ベスト10(2013年度)

外食上場企業 経常利益率ベスト10 (2013年度)

(注)単位:% カッコ内の数字は、2012年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・2013年度の外食上場企業経常利益率ランキングは、「レストランひらまつ」等展開のひらまつが25.1%と、前年度から7.9PT上昇(良化)で20%超えを果たし、2年度連続で1位となった。2位のアークランドサービス(「かつや」展開)も15.7%と高数値だが、それと10PT近い大差をつけている。(注:ひらまつの対象決算は13年9月期。決算期変更により直近決算は14年3月期で、6ヶ月決算。)


・上場外食企業での「経常利益率20%超え」は、07年にサンマルクHD(「サンマルクカフェ」等展開)と日本レストランシステム(「洋麺屋五右衛門」等展開)が達成して以来出ておらず(サンマルクは07年3月期に20.6%を、日レスは同5月期に21.4%をそれぞれ記録。日レスはドトール・日レスHD設立により上場廃止したためその後ランキング対象外)、かつ、25.1%という数値は、07年度の調査開始以来の最高値である。


・ひらまつは、売上高が3.7%増加する中で、売上原価が3.8%減少(原価率3.0PT低下)、人件費が11.3%減少(人件費比率1.9PT低下)しており、FL比率が4.9PT低下している。また、賃借料や減価償却費も、増加しているものの売上高対比大きな変化なく抑えられている。


・2位以下の顔触れはほぼ固定化されているが、今年度ランクインしたのは焼肉「あみやき亭」等展開のあみやき亭(12位→6位)と、居酒屋「KICHIRI」等展開のきちり(13位→9位)の2社である。その一方で、前年度9位であった一六堂(居酒屋「八吉」等)は5.8%で26位、10位であったサイゼリヤは7.7%で17位と、依然、比率自体は決して悪くはないものの順位を落としている。


■外食上場企業 経常利益額ベスト10(2013年度)

外食上場企業 経常利益額ベスト10(2013年度)

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2012年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・例年、顔触れと順位に大きな変動のない「経常利益額ランキング」であるが、13年度はいろいろと動きがみられた。


・上場外食企業・経常利益額首位の座は、同売上高1位をゼンショーHDに譲った後も、日本マクドナルドHDが引き続き就いていたが、2位となった。 店舗数減少・既存店低調で売上高が下がる中、原価率が上昇・人件費も増大するなど営業段階で△54%の減益、経常利益は△57%の102億36百万円となった。


・7億円の僅差だが、代わって1位となったのはスターバックスコーヒージャパンである。7.8%増収の上、経常利益率が0.4PT良化の8.8%で、同利益額は109億96百万円(前年比12.9%増)となった。 売上原価・販促費・賃借料の各比率が低下(良化)、人件費比率も同水準を維持した。


・新たにベスト10に入ったのはコロワイド(14位→9位)とくらコーポレーション(11位→10位)で、逆に11位以下に下がったのは、壱番屋(10位→11位)とワタミ(6位→25位)である。


・ワタミは、「国内外食」部門で営業赤字(△19億円)を記録するなどして、営業段階で△68%の減益。経常利益は△73%と大幅減の21億円(前年度80億円)、最終損益は49億の赤字に陥った。「上場以来初の赤字」などとして、各メディアに大々的に報じられた。


・なお、別ページのコラムでもお伝えしたとおり、13年度の外食上場企業業績(弊社調べ)では、売上が伸長する一方で利益面では低調であった。経常利益額も、トータルで大幅減少となっている。(詳細な結果は、『外食上場企業総覧2014』に掲載いたします。)