外食上場企業ランキング2011

独自に集計・分析!(2012年5月作成)

下記の前提条件のもとに収集整理しています。サンプリング条件の設定や集計方法の違いから、他の類似のランキングとは、必ずしも結果が同一とならないと思われます。


(注1) 対象は、2012年4月1日時点における上場企業で、当該企業における外食事業売上比率(連結決算がある企業は連結ベース)が51%以上を目安に抽出した。また、ここでの「外食」とは、給食事業・遊興飲食業および料理品小売業(中食)を除く「最狭義の外食」をその範囲とし、RC(レギュラーチェーン)方式またはFC(フランチャイズチェーン)方式による店舗展開(VC(ボランタリーチェーン)的手法は除外する)をはかる事業と定義する。また、これら前提をベースに企業の規模や事業内容等を総合的に勘案し、対象とするか否かを判断する場合もある(例えば、上場企業である株式会社ダスキンは外食事業比率が51%に満たないが、その売上規模は500億近くあり無視できないため、同社外食事業部門の売上高及び売上高伸び率のみ、対象とした)。

(注2) 2011年4月から2012年3月の決算を対象とした。


外食上場企業ランキング 2011 対象企業(五十音順)

アークランドサービス/アスラポート・ダイニング/アトム/あみやき亭/安楽亭/壱番屋/一六堂/イートアンド/うかい/梅の花/ヴィア・ホールディングス/王将フードサービス/大戸屋HD/家族亭/カッパ・クリエイト/カルラ/かんなん丸/関門海/木曽路/きちり/銀座ルノアール/くらコーポレーション/クリエイト・レストランツHD/グルメ杵屋/グローバルダイニング/元気寿司/幸楽苑/ココスジャパン/コロワイド/サイゼリヤ/さかい/サガミチェーン/サトレストランシステムズ/サンマルクHD/三光マーケティングフーズ/サンデーサン/JBイレブン/ジェイプロジェクト/ジー・テイスト/ジー・ネットワークス/ジョイフル/スターバックスコーヒージャパン/精養軒/ゼットン/ゼンショーHD/大庄/ダイナック/ダイヤモンドダイニング/ダスキン外食部門(※売上高のみ)/WDI/銚子丸/テンアライド/東京一番フーズ/東天紅/東和フードサービス/ドトール・日レスHD/トリドール/日本ケンタッキー・フライド・チキン/日本マクドナルドHD/ハイデイ日高/ハチバン/ハブ/B-Rサーティワンアイスクリーム/ひらまつ/フジオフードシステム/フジタコーポレーション/フライングガーデン/フレンドリー/ブロンコビリー/ペッパーフードサービス/ホリイフードサービス/松屋フーズ/マルシェ/丸千代山岡家/モスフードサービス/物語コーポレーション/吉野家HD/ライフフーズ/リンガーハット/ロイヤルHD/ワイエスフード/ワイズテーブルコーポレーション/ワタミ(全83社)(株)は省略


■外食上場企業 売上高ランキング 2011(1位~83位)

外食上場企業 売上高ランキング 2011

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2010年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・2011年度の外食上場企業売上高ランキング1位は、ゼンショーホールディングス(以下、ホールディングスをHDと略す。)が2年連続でその地位に就いた(連結売上高:4,029億62百万円)。連結売上4千億超えは外食企業ではすかいらーく、日本マクドナルドHDに次ぎ3社目の達成である。戦略的店舗閉鎖等による連結売上の減少が続いた日本マクドナルドHDは、減収幅は△6.6%で3,023億39百万円となった。(なお念のため記すと、「店舗売上高」ではマクドナルドが5,350億88百万円。)


・3位から5位も昨年度から順位変動はなく、3位:吉野HD 1,658億83百万円(前期比△3.2%)、4位:ワタミ 1,401億97百万円(同13.1%)、5位:ロイヤルHD 1,092億60百万円(同△1.1%)となっている。これも昨年度同様、吉野家、ロイヤルは減収、ワタミは増収であるが、ワタミも「国内外食」セグメントでみれば減収(・減益)で、現在同社を牽引しているのは高齢者向け事業(介護、食事宅配)である。


・6位と7位は順位が入れ替わった。前期に1,000億企業の仲間入りを果たしたスターバックスコーヒージャパンが今期も6.1%と着実に売上を伸ばし1,077億54百万円とし、伸び率2.6%で1,077億21百万円であったドトール・日レスHDを33百万円上回り、7位から6位にランクアップした。


・8位~10位は順位変動はなかった。8位がコロワイド、9位がサイゼリヤ、10位がカッパ・クリエイトで、それぞれ0.8%、0.4%、0.4%と僅かな増収であった。なお、カッパ・クリエイトは、あきんどスシロー(非上場)の11年9月期売上高が998億21百万円であったため非上場含む回転寿司企業での売上が2位となった。


・なお、11位から83位のランキングは下の通り。


【11】日本ケンタッキー・フライド・チキン * 88,124【12】大庄 * 79,227【13】松屋フーズ * 75,653【14】くらコーポレーション 74,430【15】王将フードサービス * 71,009【16】モスフードサービス * 62,672【17】トリドール * 61,075【18】ジョイフル * 60,054【19】ココスジャパン 56,377【20】ダスキン外食部門 48,807【21】サンマルクホールディングス * 44,728【22】木曽路 44,150【23】壱番屋 * 38,667【24】アトム * 38,306【25】グルメ杵屋 * 36,407【26】幸楽苑 * 35,172【27】リンガーハット * 34,677【28】クリエイト・レストランツ・ホールディングス * 34,624【29】ダイナック 32,672【30】ヴィア・ホールディングス * 29,767【31】梅の花 * 29,736【32】 ハイデイ日高 27,406【33】サトレストランシステムズ * 25,368【34】三光マーケティングフーズ 24,306【35】ダイヤモンドダイニング * 23,234【36】元気寿司 * 23,216【37】あみやき亭 * 21,660【38】フジオフードシステム * 21,031【39】B-Rサーティワンアイスクリーム 20,058【40】サガミチェーン * 19,561【41】イートアンド 18,790【42】大戸屋ホールディングス * 18,693【43】銚子丸 17,391【44】サンデーサン 17,215【45】ジー・テイスト 16,901【46】WDI * 16,091【47】物語コーポレーション 15,745【48】テンアライド * 15,728【49】安楽亭 * 14,941【50】マルシェ13,035【51】ワイズテーブルコーポレーション * 12,697【52】グローバルダイニング * 11,922【53】ライフフーズ 11,854【54】うかい 11,622【55】アークランドサービス * 10,935【56】 ひらまつ * 10,580【57】フレンドリー 10,043【58】一六堂 * 9,860【59】家族亭 * 9,769【60】東和フードサービス 9,542【61】ジェイプロジェクト * 9,514【62】ブロンコビリー 9,503【63】丸千代山岡家 8,712【64】フジタコーポレーション 8,189【65】ジー・ネットワークス 7,521【66】アスラポート・ダイニング * 7,307【67】カルラ * 7,272【68】関門海 * 7,231【69】フライングガーデン 7,109【70】ハブ 6,811【71】ホリイフードサービス 6,795【72】東天紅 6,578【73】ゼットン * 6,480【74】銀座ルノアール * 5,987【75】ハチバン * 5,938【76】かんなん丸 5,791【77】さかい 5,787【78】きちり 5,285【79】JBイレブン 5,222【80】ペッパーフードサービス 5,182【81】東京一番フーズ * 3,021【82】ワイエスフード * 2,842【83】精養軒 2,632 (売上高単位:百万円。(株)は省略。社名右の *は連結決算。その他ランキングの設定条件上欄参照。無断転載を禁じます。)

■外食上場企業 売上高伸び率ランキング 2011(1位~80位)

外食上場企業 売上高伸び率ランキング 2011

(注)単位:% カッコ内の数字は、2010年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・2011年度の外食上場企業売上高伸び率ランキング(ベスト10)は、上の通りで、10社中7社が前年度から入れ替わった。


・1位は、33.5%の伸びを記録したダイヤモンドダイニング(前年度25位、2009年度1位)である。ビリヤード等アミューズメント事業やカフェ事業を展開するバグースを子会社化し、これが大幅増収の主因となった(ちなみに、アミューズメント事業を除く伸び率は5.1%で、単独ベースでは店舗閉鎖や子会社への譲渡があり4.5%の減収)。2位は「丸亀製麺」のトリドール(25.1%増)である。決算の変更(非連結から連結へ)のため当ランキング対象外となっていた前年度を除き、07年度以降全ての年度でベスト3にランクインしている。当期は、引き続き「丸亀製麺」での積極出店を続けたほか(同ブランド500店舗を達成)、海外進出(ハワイ、タイ、中国)・国内47都道府県進出を果たしている。3位は23.1%増、「焼肉きんぐ」「丸源ラーメン」の物語コーポレーション(前年度9位)で、こちらも08年度から4年度連続でベスト10に入っている(ベスト3は同社最高位)。


・4位のワタミ(13.1%増)、5位の一六堂(11.3%増)、6位のイートアンド(「大阪王将」「よってこや」等展開。新規上場のため当年度よりランキング対象。10.9%増)、7位のハイデイ日高(10.4%増)、8位のサンマルクHD(9.7%増)の5社はベスト10圏外からのランクインである。丸千代山岡家(前年度10位)は9.6%増で9位、売上1位のゼンショーHDが8.7%で10位(前年度8位)である。


・ベスト10企業の主要展開業態をみると、FF等4社、居酒屋3社、多業態3社となっている。但し、居酒屋主体のうちダイヤモンドダイニングは前述の通りバグースのM&Aが大きく寄与し、ワタミは売上高ランキングでのコメントの通り外食以外の事業が増収を牽引している。また多業態のうちゼンショーHDの伸びを牽引しているのは「すき家」(FF和風)であり、サンマルクHDでも「サンマルクカフェ」が10%以上の伸びを示している。売上高伸び率ベスト10企業の顔ぶれは、軽飲食・FF展開の企業を中心に構成されている。


・11位以下のランキングは下の通り。


【11】大戸屋ホールディングス * 8.4【12】ブロンコビリー 8.0【13】松屋フーズ * 7.7【14】B-Rサーティワンアイスクリーム 6.8【15】JBイレブン6.5【16】ハブ 6.4【17】スターバックスコーヒージャパン 6.1【18】ホリイフードサービス 5.9 【19】きちり 5.8【20】銚子丸 5.6【21】くらコーポレーション 5.2【22】ココスジャパン 4.8【22】うかい 4.8【24】フジオフードシステム* 4.7【25】王将フードサービス* 3.9【26】幸楽苑 * 3.6【27】梅の花 * 3.5【28】元気寿司 * 3.0【29】サトレストランシステムズ * 2.9【30】ハチバン * 2.8【31】ドトール・日レスホールディングス * 2.6【32】ジー・ネットワークス 2.4【33】サンデーサン 2.1【34】ライフフーズ 1.7【34】ゼットン* 1.7【36】木曽路 1.5【36】リンガーハット * 1.5【38】銀座ルノアール * 1.4【39】コロワイド * 0.8【39】ひらまつ * 0.8【41】サイゼリヤ * 0.4【41】カッパ・クリエイト * 0.4【43】ジェイプロジェクト * 0.3【44】アスラポート・ダイニング* △ 0.6【45】日本ケンタッキー・フライド・チキン *△ 0.8【45】モスフードサービス * △ 0.8【47】カルラ * △ 1.0【48】ロイヤルホールディングス * △ 1.1【48】ジョイフル * △ 1.1【48】かんなん丸 △ 1.1【51】フジタコーポレーション △ 1.5【52】アトム * △ 1.7【52】フライングガーデン △ 1.7【54】サガミチェーン * △ 2.8【55】WDI * △ 3.0【55】マルシェ △ 3.0【57】あみやき亭 * △ 3.1【58】吉野家ホールディングス * △ 3.2【59】グルメ杵屋 * △ 3.4【60】ダスキン (外食部門) - △ 4.5【60】ジー・テイスト △ 4.5【62】大庄 * △ 5.4【63】東天紅 △ 5.9【64】東和フードサービス △ 6.0【65】ダイナック △ 6.1【66】日本マクドナルドホールディングス * △ 6.6【67】クリエイト・レストランツ・ホールディングス * △ 6.7【67】ペッパーフードサービス △ 6.7【69】三光マーケティングフーズ △ 7.6【70】フレンドリー △ 8.5【71】テンアライド * △ 8.9【72】東京一番フーズ * △ 9.0【73】ワイズテーブルコーポレーション * △ 9.6【74】ワイエスフード *△ 10.3【75】安楽亭 * △ 11.3【75】精養軒 △ 11.3【77】グローバルダイニング * △ 13.3【78】さかい △ 17.6【79】ヴィア・ホールディングス* △ 19.1【80】関門海 * △ 20.0。(単位:%。(株)は省略。企業名右の*は連結決算。数値は四捨五入により小数点第一位まで算出。小数点第一位が同値の場合は順不同で同位とした。壱番屋*、アークランドサービス*、家族亭*は当年度より連結決算のため比較対象となる前年度数値がなく対象外。無断転載を禁じます。)

■外食上場企業 経常利益率ランキング 2011(ベスト10)

外食上場企業 経常利益率ランキング 2011

(注)単位:% カッコ内の数字は、2010年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・2011年度の外食上場企業経常利益率ランキング1位は、当ランキングの常連、「サンマルクカフェ」「ベーカリーレストラン・サンマルク」等の多業態を展開するサンマルクHDが前年度2位から返り咲いた。かつて(06年度まで)は同比率20%台を維持、当年度は15.7%であったが外食産業屈指の高収益型企業であることに変わりはない。


・2位はひらまつで15.4%、前年度の7位からランクアップ。前年度1位であったB-Rサーティワンアイスクリームは0.8PT低下の14.9%で3位となった。その他のベスト10企業も当ランキング「常連」の高収益企業が揃う。10位のトリドールは前年度12位からベスト10へ返り咲き。前年度10位であったあみやき亭は7.4%で20位に。焼肉業界内外に起こった事件・事故に打撃受けた。


・なお、1位のサンマルクHDは利益率ばかりに目が行きがちであるが、増収も継続しており売上高伸び率も当年度8位。その他、ハイデイ日高、トリドールが同様に両ランキング(売上高伸び率・経常利益率)ベスト10に入っており、「売上高が伸びており、利益率も高い」企業といえる。ちなみに、売上高1位のゼンショーHDは経常利益率34位(4.8%)、売上高2位の日本マクドナルドHDは経常利益率12位(9.1%)となっている。特に日本マクドナルドHDについてはベスト10には入らないもののアベレージを大きく上回る利益率となっており、今や「売上規模が大きく、利益率も高い」企業となっている。

■外食上場企業 経常利益額ランキング 2011(ベスト10)

外食上場企業 経常利益額ランキング 2011

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2010年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・2011年度の経常利益額ランキング(ベスト10)は上図の通り。4位までは前年度と変わらぬランキングで、1位が日本マクドナルドHD、2位がゼンショーHD、3位がサイゼリヤ、4位王将フードサービスである。5位のスターバックスコーヒージャパンは2割超の増益をしワタミとドトール・日レスHDを抜き、前年度の7位からランクアップした。


・経常利益額ランキングは、それ単独で見てもあまり面白くないため、他のランキングとクロスさせてみる。経常利益額ベスト10企業の中では4位の王将FS、8位のサンマルクHD、9位のトリドールの3社が売上高ベスト10圏外の企業である(売上高ランキングでは、順に15位、21位、17位)。ということで、これら3社の収益性は高く、経常利益率ベスト10にもランクインしている。


・逆に、売上高ベスト10企業で経常利益額ベスト10圏外の企業をみると、売上高5位のロイヤルHDが経常利益額24位(経常利益率率60位)、売上高8位のコロワイドが経常利益額20位(経常利益率56位)、売上高10位のカッパ・クリエイトが経常利益額17位(経常利益率45位)であった。


・なお、2011年度の経常赤字企業の数は9社で、前年度の10社から1社だけ減少した。

■外食上場企業 ROA(総資産経常利益率)2011(ベスト10)

外食上場企業 ROA(総資産経常利益率)2011(ベスト10)

(注)単位:% カッコ内の数字は、2010年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・経営の総合的な指標のひとつである総資産経常利益率(ROA)は、経常利益額を総資産額で除して求められ、それはすなわち資産回転率(売上高を総資産で除したもの)と売上高経常利益率に分解される。つまりROAを上げるためには、資産回転率を上げるか、売上高経常利益率を高めるかということになる。よって概ね、売上高経常利益率が高い企業は、ROAも高いことが多い。なお、店舗ベースの投資収益性をみる場合には、同じ概念で、ROIが用いられる。さて、2011年度・外食上場企業のROAベスト10は上のグラフの通りとなった。


・1位企業と3位までの顔触れに変化はない。1位は「かつや」のアークランドサービス(25.1%)で4年連続の首位(07年度4位)、2年連続の25%超。ちなみに経常利益率では今年度5位(14.0%)である。2位は「マルチブランド・マルチロケーション戦略」で多業態展開のクリエイト・レストランツ・HD(23.6%)、3位はBR-サーティワンアイスクリームと「ステーキハウス ブロンコビリー」のブロンコビリーがともに21.0%でランクインした。これら4社がROA20%超えを果たしている。


・ベスト10圏外からは、「丸亀製麺」のトリドールが18.2%で6位に(前年度13位)、英国風パブ「HUB」のハブが17.2%で8位に(前年度19位)ランクイン。逆に、「無添くら寿司」のくらコーポレーション、サイゼリヤがベスト10から外れた。サイゼリヤは今年度は16.0%で11位となった。くらコーポレーションは前年度の19.8%(3位)から7.5PT低下の12.3%で21位となった。


・なお、2011年度の外食上場企業ROA単純平均値(経常黒字73社)は8.6%、全社中央値は6.1%であった。

■外食上場企業 自己資本比率ランキング 2011(ベスト10)

外食上場企業 自己資本比率ランキング 2011(ベスト10)

(注)単位:% カッコ内の数字は、2010年度の順位。企業名右の(※)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


・2011年度外食上場企業自己資本比率ランキング(ベスト10)は上図の通り。この自己資本比率ランキングでは、成長性や収益性のランキングには登場しない顔ぶれも見える。


・1位は「庄や」「日本海庄や」等、大庄の居酒屋ブランドを埼玉等にFC展開するかんなん丸で、87.3%。前年度の86.7%から0.6PT上昇した。2位の銀座ルノアールは7.1PT上昇の83.9%で前年度6位から2位に返り咲き。なお当期末に「BLENZ COFFEE」のビーアンドエムを取得・子会社化、戦略に若干の変化が生じている。3位は焼肉「あみやき亭」・焼鳥「美濃路」等を展開するあみやき亭で81.0%。


・4位以下は、ブロンコビリー、ドトール・日レスHD、モスフードサービス、サンマルクHD、サイゼリヤ、木曽路、三光マーケティングフーズがランクインしている。どの企業も、自己資本比率ランキング上位の常連となっている。


・ちなみに、日本マクドナルドHDの自己資本比率は72.8%で当年度12位、ゼンショーHDは16.2%で76位となっている。なお、外食上場企業全社の自己資本比率単純平均値は47.1%、中央値は44.6%であった。