外食上場企業ランキング2009

独自に集計・分析!(2010年5月作成)

下記の前提条件のもとに収集整理しています。サンプリング条件の設定や集計方法の違いから、他の類似のランキングとは、必ずしも結果が同一とならないと思われます。


(注1) 対象は、2009年4月1日時点における上場企業(但し4月中に上場廃止のワンダーテーブルを除く。同月中上場廃止のチムニーとテンコーポレーションは含む。)で、当該企業における外食事業売上比率(連結決算がある場合は連結ベース)が51%以上を目安に抽出した。また、ここでの「外食」とは、給食事業・遊興飲食業および料理品小売業(中食)を除く「最狭義の外食」をその範囲とし、RC(レギュラーチェーン)方式またはFC(フランチャイズチェーン)方式による店舗展開(VC(ボランタリーチェーン)的手法は除外する)をはかる事業と定義する。また、これら前提をベースに企業の規模や事業内容等を総合的に勘案し、対象とするか否かを判断する場合もある(例えば、上場企業である株式会社ダスキンは外食事業比率が51%に満たないが、その売上規模は500億を超え、無視できないため、同社外食事業部門の売上高及び売上高伸び率のみ、対象とした)

(注2) 2009年4月から2010年3月の決算を対象とした。


外食上場企業ランキング 2009 対象企業(五十音順)

アークランドサービス/アスラポート・ダイニング/アトム/あみやき亭/安楽亭/壱番屋/一六堂/うかい/梅の花/ヴィア・ホールディングス/王将フードサービス/大戸屋/家族亭/カッパ・クリエイト/カルラ /かんなん丸/関門海/木曽路/きちり/銀座ルノアール/くらコーポレーション/クリエイト・レストランツ/グルメ杵屋/グローバルダイニング/元気寿司/幸楽苑/ココスジャパン/コロワイド/サイゼリヤ/さかい/サガミチェーン /サトレストランシステムズ / サンマルクHD / 三光マーケティングフーズ / サンデーサン / JBイレブン / ジェイプロジェクト/ジー・テイスト/ジー・ネットワークス/ジョイフル/スターバックスコーヒージャパン/精養軒/ゼットン/ゼンショー/大庄/ダイナック/ダイヤモンドダイニング/ダスキン外食部門(※売上高のみ)/WDI/チムニー/銚子丸/テンアライド/テンコーポレーション/東京一番フーズ/東天紅/東和フードサービス/ドトール・日レスHD/トリドール/どん/日本ケンタッキー・フライド・チキン/日本マクドナルドHD/ハイデイ日高/ハチバン/ハブ/B-Rサーティワンアイスクリーム/ひらまつ/フジオフードシステム/フジタコーポレーション/フライングガーデン/フレンドリー/ブロンコビリー/ペッパーフードサービス/ホリイフードサービス/松屋フーズ/マルシェ/丸千代山岡家/モスフードサービス/ 物語コーポレーション/吉野家HD/ライフフーズ/リンガーハット/ロイヤルHD/ワイエスフード/ワイズテーブルコーポレーション/ワタミ (株)は省略


■外食上場企業 売上高ランキング 2009(ベスト10)

外食上場企業 売上高ランキング 2009

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2008年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。日本ケンタッキー・フライド・チキンは、本決算が決算期変更により16ヶ月決算であるため、第4四半期決算のデータを使用。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


2009年度の外食上場企業売上高ランキング1位は、昨年度と変わらず、日本マクドナルドホールディングスである。その売上高は3,623億12百万円と、昨年度から131億円(10.8%)減少している。これは、サテライト店舗などの戦略的な閉鎖と、直営店のFC化を大胆に進めたためであり、店舗売上高(システムワイドセールス)は5,319億円と前年度比2.6%増加させている。2位も昨年と変わらず、ゼンショーで、09年度は7.7%増の3,341億72百万円となった。「すき家」の積極出店を継続し単独ベースで17.3%の増収となるなど規模拡大を続けている。なお、マクドナルドは11年度も上述の店舗閉鎖を継続し通期予想は3,130億円、ゼンショーは3,685億を見込んでおり、連結売上の1位と2位が入れ替わる可能性が高い。4位から6位は変動があった。ロイヤルHD(昨年度4位)は「ロイヤルホスト」の大量閉鎖などで6.8%減収の1,118億96百万円で5位、昨年度5位、「甘太郎」等のコロワイドも直営49店を閉鎖するなどして9.1%減収の1,066億37百万円で6位となった。代わりに、6位であったワタミが3.7%増の1,154億20百万円で4位となった(但し、介護や食事宅配等が増収、外食部門は売上シェアは依然高いものの2期連続減収)。また、昨年度9位、「庄や」の大庄が3.1%減収で、日本ケンタッキー・フライド・チキン(第4四半期売上91,972百万円、9位)、サイゼリヤ(4.0%増の883億23百万円、10位)、「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイト(13.3%増の876億13百万円で、11位)に抜かれ、12位となっている。 上位10社の売上合計は1兆5,882億円であり、上述のように減収企業があったことから、前年度と比べ282億円減少している。

■外食上場企業 売上高伸び率ランキング 2009(ベスト10)

外食上場企業 売上高伸び率ランキング 2009

(注)単位:% カッコ内の数字は、2008年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


2009年度の売上高の売上高伸び率ランキングは、前年度と顔触れが大きく変わった。1位は、前年度は単独ベースから連結ベースへと決算変更があったためランキング対象外であった、多業態のダイヤモンドダイニング(81.7%増)となった。単独ベース並びに子会社において出店を重ね店舗数が36店舗純増した(期末時点店舗数141)。2位はコロワイドグループで、「にぎりの徳兵衛」等展開のアトム(67.0%増)だが、グループ内の企業再編で「ステーキ宮」のジクトを前期末に吸収、その効果が通年で現れたもの。前年度1位、「丸亀製麺」のトリドールは58.8%で3位となった。引き続き、積極出店を続けている。4位は「勝ち組」の象徴的存在となった、「餃子の王将」の王将フードサービスで、ランキング圏外(21位)から急上昇。既存店売上が前年超えを続け新規出店も続いている。「平禄寿司」等展開、ジー・コムグループのジー・テイストも、グループ内再編により規模拡大(「ちゃんこ江戸沢」のグローバルアクト吸収)で5位。以下、6位:「Casual Dining KICHIRI」のきちり、7位:「無添くら寿司」のくらコーポレーション、8位:「焼肉一番かるび」等の物語コーポレーション、9位:「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイト(前年度は決算期変更による対象外)、同じく9位には前年度16位であった「日高屋」のハイデイ日高が13.3%伸ばしベストテン入りした。 なお、調査対象全企業のうち、増収であった企業は30社、減収となった企業は51社と、減収企業の方が圧倒的に多い。

■外食上場企業 経常利益率ランキング 2009(ベスト10)

外食上場企業 経常利益率ランキング 2009

(注)単位:% カッコ内の数字は、2008年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


2009年度の売上高経常利益率ランキングの1位は変わらず、「サンマルクカフェ」ほか多業態展開のサンマルクホールディングスである。前年度から0.1ポイント低下したが16.6%は堂々一位の好成績である。2位には、売上高伸び率4位の王将フードサービスで16.2%とこちらもハイスコア。王将の経常利益率はもともと悪くなく05年度で10.9%あったが、売上拡大に合わせ利益率も上がってきている。その他、B-Rサーティワンアイスクリーム(14.3%で3位)、「ステーキハウス・ブロンコビリー」のブロンコビリー(12.2%で4位)、トリドール(12.1%で5位)、「かつや」のアークランドサービス(11.5%で6位)、「東方見聞録」の三光マーケティングフーズ(9.6%で9位)といった、このランキングの常連企業のほか、ベスト10圏外からあみやき亭(10.8%で7位)、ハイデイ日高(9.8%で8位)、ひらまつ(9.6%で9位)がベストテン入りしている。

■外食上場企業 ROA(総資産経常利益率)2009(ベスト10)

外食上場企業 ROA(総資産経常利益率)2009(ベスト10)

(注)単位:% カッコ内の数字は、2008年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


経営の総合的な指標のひとつである総資産経常利益率(ROA)は、経常利益額を総資産額で除して求められ、それはすなわち資産回転率(売上高を総資産で除したもの)と売上高経常利益率に分解される。つまりROAを上げるためには、資産回転率を上げるか、売上高経常利益率を高めるかということになる。よって概ね、売上高経常利益率が高い企業は、ROAも高いことが多い。なお、店舗ベースの投資収益性をみる場合には、同じ概念で、ROIが用いられる。さて、2009年度・外食上場企業のROAベスト10は上のグラフの通りとなった。1位は変わらず、「かつや」のアークランドサービスで、22.2%というハイスコアを記録している(前年度の21.9%から0.3ポイント上昇)。2位には前年度12位であったくらコーポレーションがランクイン。同社の経常利益率は7.1%であるから、他のROA上位企業と比して相対的に資産回転率が良好ということである。この他、このランキング常連であるトリドール(21.7%、昨年同様3位)、王将フードサービス(21.0%で4位)、B-Rサーティワンアイスクリーム(20.4%で5位)などが上位にランクインしている。 なお、ROAが15%を超えた企業は12社、10%を超えた企業は24社あり、それぞれ前年度とほぼ同数となっている。