外食上場企業ランキング2008

独自に集計・分析!(2009年5月作成)

下記の前提条件のもとに収集整理しています。サンプリング条件の設定や集計方法の違いから、他の類似のランキングとは、必ずしも結果が同一とならないと思われます。


(注1) 対象は、2009年4月1日時点における上場企業で、当該企業における外食事業売上比率(連結決算がある場合は連結ベース)が51%以上を目安に抽出した。また、ここでの「外食」とは、給食事業・遊興飲食業および料理品小売業(中食)を除く「最狭義の外食」をその範囲とし、RC(レギュラーチェーン)方式またはFC(フランチャイズチェーン)方式による店舗展開(VC(ボランタリーチェーン)的手法は除外する)をはかる事業と定義する。また、これら前提をベースに企業の規模や事業内容等を総合的に勘案し、対象とするか否かを判断する場合もある(例えば、上場企業である株式会社ダスキンは外食事業比率が51%に満たないが、その売上規模は500億を超え、無視できないため、同社外食事業部門の売上高及び売上高伸び率のみ、対象とした)。

(注2) 2008年4月から2009年3月の決算を対象とした。


外食上場企業ランキング 2008 対象企業(五十音順)

あきんどスシロー/アークランドサービス/アスラポート・ダイニング/アトム/あみやき亭/安楽亭/壱番屋/一六堂/うかい/梅の花/ヴィア・ホールディングス/王将フードサービス/大戸屋/家族亭/カッパ・クリエイト/カルラ/かんなん丸/関門海/木曽路/きちり/銀座ルノアール/くらコーポレーション/クリエイト・レストランツ/グルメ杵屋/グローバルアクト/グローバルダイニング/元気寿司/幸楽苑/ココスジャパン/コロワイド/ サイゼリヤ/サガミチェーン/サトレストランシステムズ/サンマルクHD/三光マーケティングフーズ/サンデーサン/JBイレブン/ジェイプロジェクト/ジー・テイスト/ジー・ネットワークス/ジョイフル/スターバックスコーヒージャパン/精養軒/ゼットン/ゼンショー/大庄/ダイナック/ダイヤモンドダイニング/ダスキン外食部門(※売上高のみ)/WDI/チムニー/銚子丸/テンアライド/テンコーポレーション/東京一番フーズ/東天紅/東和フードサービス /ドトール・日レスHD/トリドール/どん/なか卯/日本ケンタッキー・フライド・チキン/日本マクドナルドHD/ハイデイ日高/ハチバン/ハブ/パワーアップ/B-Rサーティワンアイスクリーム/ひらまつ/フジオフードシステム/フジタコーポレーション/フライングガーデン/フレンドリー/ブロンコビリー/ペッパーフードサービス/ホリイフードサービス/松屋フーズ/マルシェ/丸千代山岡家/モスフードサービス/物語コーポレーション/焼肉屋さかい/大和フーヅ/吉野家HD/ライフフーズ/リンガーハット/ロイヤルHD/ワイエスフード/ワイズテーブルコーポレーション/ワタミ/ワンダーテーブル (株)は省略


■外食上場企業 売上高ランキング 2008(ベスト10)

外食上場企業 売上高ランキング 2008

(注)単位:百万円。カッコ内の数字は、2007年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


外食上場企業・2008年度の売上高ランキングは、2007年度から順位の変動はなかった。
1位の日本マクドナルドHDは連結売上4,000億・システムワイドセールス5,000億を達成した。自社セールス記録を塗り替え続ける中、直営店のFC化を着実に進めており、販売力を高める一方で経営体質の良化を図ってきている。なお、FC化の影響で2010年度の連結売上は3,550億円と12.6%の減収が見込まれている。2位のゼンショー(「すき家」等、多業態をグループ展開)は9.8%増で売上3,000億超えを果たした。今期(09年度)は3,469億円を見込んでおり、達成されれば、連結売上高としてはマクドナルドの背中が見えてくることになる。3位の吉野家HDは、どん(ステーキのどん、フォルクス等展開)の連結子会社化が寄与するなどし11.9%増の1,742億円を達成した。
上場上位10社中、売上高を減少させたのはロイヤルHD(△2.4%)の一社のみで、その他9社は増収であり、 10社の売上高合計は1兆6,164億円と07年度から744億円増えている。但し、コロワイドやワタミなどでは、本業(外食事業)以外の事業での売上増が増収の要因である。先述のマクドナルド(直営店のFC化進展)のほか、ロイヤルHD、コロワイドの3社において、09年度における減収が見込まれている。

■外食上場企業 売上高伸び率ランキング 2008(ベスト5)

外食上場企業 売上高伸び率ランキング 2008

(注)単位:% カッコ内の数字は、2007年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


外食上場企業・2008年度の売上高伸び率ランキング(ベスト5)は、1位のトリドール(昨年度3位。「丸亀製麺」等展開)以外は全て顔ぶれが入れ替わった。
トリドールは、昨年度と同様「丸亀製麺」ブランドでの積極出店を進め(年度内に同ブランド94店舗を新規出店)、09年4月に総店舗数300を達成。09年3月期売上高は49.0%増の245億19百万円(売上ランキング39位)となった。同社では、今後も同ブランド500店舗構想に向け出店を継続するとしている。2位の梅の花(42.1%増)は、M&Aによるテイクアウト事業の伸長が寄与したもの。外食事業単体では7%減少している。3位のひらまつは25.6%増。期中に2店舗を新規出店したほか、既存店売上高が前年比3.4%プラスで、ウェディングも7.8%増と伸長した。「天地旬鮮八吉」等の居酒屋業態を展開する一六堂は25.5%増。M&Aによる店舗増等が主因。

■外食上場企業 経常利益率ランキング 2008(ベスト5)

外食上場企業 経常利益率ランキング 2008

(注)単位:% カッコ内の数字は、2007年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


外食上場企業・2008年度の経常利益率ランキングは、1位は昨年度同様、サンマルクHD(16.7%)で、1位から3位までの顔触れは変わらなかった。但し、サンマルクHDが2.9ポイント減、2位のブロンコビリー(ステーキハウス・ブロンコビリーを展開)が2.6ポイント減と、利益率がそれぞれ減少している。かつて、06年度においては、サンマルクHDと日本レストランシステム(ドトールコーヒーとの持ち株会社設立で上場廃止)が経常利益率20%を達成していたが昨今、このような高利益率の達成は難しくなっている(なお、日レスの08年度同比率は15.7%であった)。外食上場企業全社平均の経常利益率も、昨年度から低下を示している。5位には売上高伸び率一位のトリドールがランクイン。売上を急拡大させながら、利益率も高めているエクセレントカンパニーといえる。

■外食上場企業 ROA(総資産経常利益率)2008(ベスト5)

外食上場企業 ROA(総資産経常利益率)2008(ベスト5)

(注)単位:% カッコ内の数字は、2007年度の順位。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


外食上場企業・2008年度のROA(総資産経常利益率)ランキングは、昨年度に4位であったアークランドサービス(「かつや」を展開)が21.9%を記録し一位となった。同社の経常利益率は10.7%(第六位)と飛びぬけて高い数値ではないが、2回転以上の総資産回転率を記録し、20%以上のROAを叩き出した。昨年度2位のブロンコビリーは18.6%で第4位、同第3位のサンマルクHDは20.9%で第2位に。ともに依然高い数値であるものの、経常利益率の低下があり、ROAはサンマルクHDが4.2ポイント、ブロンコビリーが8.1ポイントもダウンしており、アークランドサービスに一位を明け渡している。外食上場企業全社平均の総資産経常利益率は、昨年度から低下を示している。