外食上場企業ランキング2007

独自に集計・分析!(2008年5月作成)

下記の前提条件のもとに収集整理しています。サンプリング条件の設定や集計方法の違いから、他の類似のランキングとは、必ずしも結果が同一とならないと思われます。


(注1) 対象は、上場企業で、当該企業における外食事業売上比率(連結決算がある場合は連結ベース)が51%以上を目安に抽出した。また、外食の定義は「最狭義の外食」とし、給食事業、遊興飲食業および料理品小売業(中食)を除いている。また、これら前提をベースに企業の規模や事業内容等を総合的に勘案し、対象とするか否かを判断する場合もある。

(注2) 2007年4月から2008年3月の決算を対象とした。(2008年3月末日以降に上場した企業は含まない。)


外食上場企業ランキング 2007 対象企業(五十音順)

あきんどスシロー/アークランドサービス/アスラポート・ダイニング/アトム/あみやき亭/安楽亭/壱番屋/一六堂/うかい/梅の花/ヴィア・ホールディングス/王将フードサービス/大戸屋/家族亭/カッパ・クリエイト/カルラ/かんなん丸/関門海/木曽路/きちり/銀座ルノアール/くらコーポレーション/クリエイト・レストランツ/グルメ杵屋/グローバルアクト/グローバルダイニング/元気寿司/幸楽苑/ココスジャパン/コロワイド/サイゼリヤ/サガミチェーン/サトレストランシステムズ/サンマルクHD/三光マーケティングフーズ/サンデーサン/JBイレブン/ジェイプロジェクト/ジクト/ジー・テイスト/ジー・ネットワークス/ジョイフル/スターバックスコーヒージャパン/精養軒/ゼットン/ゼンショー/大庄/ダイナック/ダイヤモンドダイニング/ダスキン外食部門(※売上高のみ)/タスコシステム/WDI/チムニー/銚子丸/テンアライド/テンコーポレーション/東京一番フーズ /東天紅/東和フードサービス/ドトール・日レスHD/トリドール/どん/なか卯/日本ケンタッキー・フライド・チキン/日本マクドナルドHD/ハイデイ日高/ハチバン/ハブ/パワーアップ/B-Rサーティワンアイスクリーム/ひらまつ /フジオフードシステム/フジタコーポレーション/フライングガーデン/フレンドリー/ブロンコビリー/ペッパーフードサービス/ホリイフードサービス/松屋フーズ/マルシェ/丸千代山岡家/モスフードサービス/物語コーポレーション/焼肉屋さかい/大和フーヅ/吉野家HD/ライフフーズ/リンガーハット/ロイヤルHD/ワイエスフード/ワイズテーブルコーポレーション/ワタミ/ワンダーテーブル (株)は省略


■外食上場企業 売上高ランキング 2007(ベスト10)

外食上場企業 売上高ランキング 2007

(注)単位:百万円。企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


日本マクドナルドHDは、連結売上4千億・システムワイドセールス(店舗売上高)5千億を目前にしており、09年12月期の達成は必至であろう。なお当期は店舗数82純減での11%増収である。当期中に「すき家」が1,000店舗を達成しているゼンショーは38%増収で3千億が目前に。すかいらーく(MBOで上場廃止)とマクドナルドのビッグ2と伍すポジションへ向かう。コロワイドは0.3%と僅かに減収(但し20.4%の増益)でロイヤルHDと順位が入れ替わっている。

■外食上場企業 売上高伸び率ランキング 2007(ベスト5)

外食上場企業 売上高伸び率ランキング 2007

(注)単位:% 企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


「100業態100店舗」に向け期中に18店舗を新規出店したダイヤモンドダイニングが69.8%増と売上を大きく伸ばし第一位。 次いで、アスラポート・ダイニングが、61.3%の伸びを示し、売上が100億を超えた。牛角(プライム・リンク)の直営既存店売上が105.9%となり、積極的M&A(オリジンフーズや東京タスコからの事業譲受)展開等で71店舗を純増させている。 次いでトリドールが51.2%伸ばし第三位。 同社はここ数年で基幹ブランドを郊外型焼鳥ファミリーダイニングの「トリドール」から、セルフ式うどん「丸亀製麺」に完全にシフトさせている。基幹ブランドを思い切って一気にスイッチさせ、成功している好事例といえる。きちりは関西・関東への積極出店で10店舗増やし46.9%増。ジー・グループ入りし、パオから商号変更したジー・ネットワークスは、 グループ内のグローバルアクトから関西エリアの「ちゃんこ江戸沢」を譲受けるなどし、グループ内各業態を西日本全域に直営展開する企業へと、「長崎ちゃんめん」を主体に展開していたパオ時代から性格を大きく転換。結果として、43.9%増加させている。

■外食上場企業 経常利益率ランキング 2007(ベスト5)

外食上場企業 経常利益率ランキング 2007

(注)単位:% 企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


サンマルクホールディングスが19.6%。20%を切ってしまったが、それでも変わらず抜群の高水準である。20%超えのもう一方の雄であった日本レストランシステムは、ドトールとの経営統合で非上場(持ち株会社が上場)となったため、外食上場企業ランキングとしては、サンマルクHDのみがダントツという図式に変わっている。次いで、東海地方を中心にステーキハウス「ブロンコビリー」ワンブランドの展開を図る、ブロンコビリーが営業利益率16.0%、経常利益率15.8と、高い数値を示しランクイン(07年11月上場)。「元祖にんにくや」等66店舗を直営展開するパワーアップは、売上原価率が22.4と好スコアである。

■外食上場企業 ROA(総資産経常利益率)2007(ベスト5)

外食上場企業 ROA(総資産経常利益率)2007(ベスト5)

(注)単位:% 企業名右の(*)は、連結決算。

・グラフ、コメントの無断転載を禁じます。サイト利用条件


【コメント】


1位は経常利益率で3位のパワーアップ(28.2%)、次いで、経常利益率でも同位のブロンコビリー(26.7%)で、両社とも利益率が高いことに加え総資産回転率が良好であり、非常に高い経営効率を示している。以下、経常利益率1位のサンマルクHDが25.1、「かつや」のアークランドサービスが21.4、千葉・東京を中心にグルメ回転寿司を展開する銚子丸が20.5と続く。なお、調査対象企業のうち、総資産経常利益率が10を超える企業は28社、15を超える企業は13社であった。